カテゴリ:テスト( 1 )

概要

香川県民の生活の中で、うどんは特別な位置を占めている。香川県におけるうどん生産量の推移(ゆで麺・生麺・乾麺の合計、香川県農業生産流通課調べ)は、1980年代は1万トン台中盤から2万トン台中盤、1990年代は3万トン強から4万トン台後半、2000年代前半は5万トン弱から6万トン台中盤であった[1]。2009年の生産量は59,643トン(小麦粉使用量)、全国1位であり、2位の埼玉県の2倍以上となっている。1980年にはわずか5%でしかなかった日本国内シェアは、以後四半世紀で四半分に迫るほどの伸びを見せた[2]。

うどんは観光客向けの名物というよりは、老若男女問わず県民の生活に密着した食物・食習慣となっている。うどん店は県全域に分布し、たとえば観光用に「讃岐うどん通り」といった店鋪の特定集中区域はない[3][4]。
ある統計では県民一人あたりの年間うどん消費量は230玉、週に何杯ものうどんを平らげていることになる[5]。彼らは県外に出てもうどんへのこだわりを隠さず、里帰りにうどんを食し帰郷を実感するほどである[6][注 1]。

うどんにまつわる地域行事も存在する。半夏生(7月2日頃)にうどんを食べるという慣わしがあり、この習慣に基づきさぬきうどん協同組合が毎年7月2日を「さぬきうどんの日」と制定しているほか[7]、大晦日には年越し蕎麦ではなくうどんを食べる県民が一定の割合で存在しており(ただし2010年の四国学院大学の学生による調査では「年越し蕎麦派」が「うどん派」を上回っている[8][9])、玉売のうどん店や製麺所は多忙を極める。また新たな行事やイベントのプロモーション活動にも余念なく、2009年からは「年明けうどん」をプロデュースするなどしている[10][11]。

名称

日本国内で「讃岐うどん」「さぬきうどん」の名称を使用する場合、現在のところ制限はない[13]。理由として、全国生麺類公正取引協議会と公正取引委員会は「どこで作っても物は同じ」との見解を示している[13]。この要因によって全国各地で「讃岐うどん」「さぬきうどん」を名乗るうどんが作られている[14]。2000年代初旬頃までうどん業界では「讃岐うどんは香川産」という常識が存在していたが、人気の全国的な拡大によってこの常識は崩れていった[13]。
ただし、生めん類[注 2]において「名物」「本場」「特産」などを表示する場合にのみ、公正競争の立場から次のような規制が適用される


[PR]
by exblog-tips | 2015-12-15 12:52 | テスト | Comments(0)

エキサイトブログをとことん使い倒すブログです。こんなことできないかな?をゆるっと募集中!


by エキブ